舩木倭帆 ガラス

c0237627_205412100.jpg


舩木倭帆先生の”ともえ皿 緑”
ゆっくりと眺めていたくなるような作品です。

一枚、一枚眺めていても美しいですが重ねてもいいんです。
食器棚に収納した時も素敵だと嬉しいですね。

c0237627_2161538.jpg



うつわや釉
  新宿区神楽坂6-22
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-08-07 21:08 | 舩木倭帆

山本源太 片口

c0237627_2222129.jpg


福岡県八女市星野村で作陶されている、山本源太さんの片口です。

お酒一合がちょうどよく入ります。
シンプルな片口なので、他のうつわとの相性がよく使いやすいと思います。
湯冷ましなどにお使いいただいても。。。


うつわや釉
  新宿区神楽坂6-22
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-08-03 22:20 | 山本源太

花を生けると

c0237627_2140126.jpg


今朝もお花屋さんにて、ベル鉄線を選びました。
ピンクと白の花の色が可愛らしい。

お花を生けると気分がすっきりして、一日のはじまりにかかせない仕事です。

毎日暑さ続きますが、花を一輪生けてみてはいかがでしょうか?
お気に入りの花器に似合う花を探すのも楽しい時間です。


うつわや釉
  新宿区神楽坂6-22
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-07-31 22:02 | 舩木倭帆

冷酒はいかがでしょうか?

c0237627_22363081.jpg


三宅義一さんのガラス 片口とぐい呑
近藤保さんの漆 黒 尺一盆

蒸し暑い夜は冷酒をいただきたくなります。
近藤さんのお盆に片口とぐい呑を合わせるとグッと締まります。


うつわや釉
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-07-26 22:48 | 三宅義一

色を合わせて!

c0237627_22161615.jpg


先週は涼しかった東京も猛暑が戻りつつあります。
今朝は、お花屋さんでベル鉄線を選びました。

舩木先生の瑠璃色のガラスとよく合いました。

涼を感じていただけましたら幸いです。


うつわや釉
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-07-24 22:25 | 舩木倭帆

舩木倭帆 ガラス 

c0237627_2246555.jpg


日差しを浴びて輝くガラスは涼やかで心地よいものですが、
夜はうっとりと美しい。。。

お酒がより美味しくなりそうです。


うつわや釉
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-07-20 23:01 | 舩木倭帆

舩木倭帆 ガラス

c0237627_22411486.jpg


東京はようやく梅雨明けしました。
本格的な夏のはじまりですね。
セミの鳴き声もちらほらと聞こえてきます。


舩木先生のガラスはあたたかさを感じる作品が多いと思います。
手触りもよく、使っていてホッとくつろぐガラスです。
写真の作品は青緑色の小皿。

小皿を置くとできる影もとても美しいです。

うつわや釉
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-07-17 22:55 | 舩木倭帆

ガラスの夏茶碗

c0237627_22555765.jpg


三宅義一さんのガラス夏茶碗が本日届きました。
泡の入った白いお茶碗と真っ黒のお茶碗です。
それぞれ、高台も丁寧な仕事をされています。

冷たいお抹茶を点てて、おもてなしをされてはいかがでしょうか?

私は抹茶に冷たい水をそのまま注いで点てます。
少量の熱湯で抹茶を溶かしてから冷水を注ぐ方法もありますが、
もしこのようなガラス茶碗でする場合は別の器で抹茶を溶かして
からガラス茶碗に移してください。

お茶碗以外にも小皿や片口が新しく届いております。

うつわや釉
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-07-12 23:11 | 三宅義一

花で涼しく!

c0237627_22522856.jpg


今日は日差しがとても強い一日でした。
蒸し暑いこの時期は花選びに悩みます。
なるべく長く元気に咲いてくれる花を、、、と。

いつもは和花を生けますが今週は思い切って洋花にしました。
やさしい白と緑が涼やかで店内が気持ちよくなりました。


うつわや釉
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-07-10 23:09 | 店内

梶川智志 青磁面取湯呑

c0237627_2254235.jpg


梶川智志さんは東京・小金井市在住の作家さんです。
長野・飯綱高原に薪窯を持っていらっしゃいます。
写真のような青磁のほかに力強い焼締めなども作られます。

清々しいこの湯呑には冷茶がぴったり似合います。

うつわや釉
  03-3235-2649
# by utsuwaya-yu | 2012-07-06 23:09 | 梶川智志